研究者情報表示   検索トップ

教育・研究業績
徳永 光晴(トクナガ ミツハル/TOKUNAGA Mitsuharu)

業績区分 会議発表論文 − 会議録・シンポジウム論文、学協会講演会、研究会
プレゼン資料 なし

タイトル 日本語 空隙深度の相違によるコンクリートの表面温度変化
英語  
著者 共著

 氏名役割
1日本語氷見 和也 
英語HIMI KAZUYA 
2日本語徳永 光晴 
英語TOKUNAGA MITSUHARU 

 
誌名 日本語 令和元年度秋季学術講演会発表論文集
英語  
  pp.41 - 44
出版者 日本語 日本写真測量学会
英語  
出版年月 2019年 11月 07日
研究範囲 基礎的研究
査読の有無 無し
招待の有無 通常論文
記述言語 日本語
掲載区分 国内
掲載種別 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
ISSN  
ID:DOI  
ID:NAID(CiNiiのID)  
ID:PMID  
Permalink  
URL  
概要 日本語 コンクリート内にある空隙をサーモグラフィにより計測し、空隙深度に対する温度変化を示した。また、計測方法として、パッシブ法とアクティブ法の比較、パッシブ法では、太陽との位置関係を変えて計測した。
英語  
キーワード 日本語 英語
サーモグラフィ
コンクリート空隙
アクティブ法
パッシブ法
非破壊検査