研究者情報表示   検索トップ

教育・研究業績
相良 純一(サガラ ジュンイチ/SAGARA Jun-ichi)

業績区分 会議発表用資料 − 専門別学協会講演会、研究会、シンポジウム・ワークショップ

タイトル 日本語  
英語 Site-selective chemical modification of Lys175 in chymotrypsin using diphenyl phosphonate derivatives bearing thioester moiety.
講演者・著者 共著

 氏名役割
1日本語畠山 貴大 
英語HATAKEYAMA TAKAHIRO 
2日本語古賀 雅人 
英語KOGA MASATO 
3日本語山田 敦士 
英語YAMADA ATSUSHI 
4日本語吉田 達哉 
英語YOSHIDA TATSUYA 
5日本語川上 徹 
英語KAWAKAMI TORU 
6日本語畔田 博文 
英語KURODA HIROFUMI 
7日本語堀野 良和 
英語HORINO YOSHIKAZU 
8日本語尾山 廣 
英語OYAMA HIROSHI 
9日本語相良 純一 
英語SAGARA JUN-ICHI 
10日本語小野 慎 
英語ONO SHIN 

 
会議名・誌名 日本語  
英語 The 53rd Japanease Peptide Symposium
   
出版者 日本語  
英語 Japanease Peptide Society
開催・出版年月日 2016年 10月 26日
研究範囲 基礎的研究
査読の有無 無し
招待の有無 通常論文
記述言語 日本語
会議区分 国内会議
会議・掲載種別 ポスター発表、講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
ISSN  
ID:DOI  
ID:NAID(CiNiiのID)  
ID:PMID  
Permalink  
URL  
概要 日本語  
英語  
主催者 日本語  
英語 Japanease Peptide Society
開催地 日本語  
英語 Kyoto
キーワード 日本語 英語