研究者情報表示   検索トップ

教育・研究業績
伊丸岡 俊秀(イマルオカ トシヒデ/IMARUOKA Toshihide)

業績区分 学術雑誌論文 − 学会誌・専門誌学術論文(フルペーパー)

タイトル 日本語 過去のいじめに関する経験が大学生に与える影響
英語 Effect of Past Bullying and being Bullied Experiences on College Students
著者 共著

 氏名役割
1日本語伊丸岡 俊秀 
英語IMARUOKA Toshihide 
2日本語松本 圭 
英語MATSUMOTO Kei 
3日本語鶴谷 奈津子 
英語TSURUYA NATSUKO 
4日本語石川 健介 
英語ISHIKAWA Kensuke 
5日本語渡邊 伸行 
英語WATANABE Nobuyuki 
6日本語近江 政雄 
英語OHMI Masao 

 
誌名 日本語 工学教育
英語  
  Vol.63, No.4, pp.69 - 72
出版者 日本語 日本工学教育協会
英語  
出版年月 2015年
研究範囲 基礎的研究
査読の有無 厳格な査読
招待の有無 通常論文
記述言語 日本語
掲載区分 国内
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
ISSN  
ID:DOI http://doi.org/10.4307/jsee.63.4_69
ID:NAID(CiNiiのID)  
ID:PMID  
Permalink  
URL  
概要 日本語 過去のいじめ加害、いじめ被害に関する経験が大学生の精神健康に与える影響を調査した。その結果、加害と被害が双方とも現在の健康状態に影響することが示され、特に被害経験のみを持つ場合に精神健康状態に負の影響があることが分かった。
英語  
キーワード 日本語 英語
大学生
いじめ
精神健康