研究者情報表示   検索トップ

教育・研究業績
松下 裕(マツシタ ユタカ/MATSUSHITA Yutaka)

業績区分 学術雑誌論文 − 学会誌・専門誌学術論文(フルペーパー)

タイトル 日本語 右作用を有する一般的外延構造とその表現
英語 A generalized extensive structures that is equipped with a right action and its representation
著者 単著
誌名 日本語  
英語 Journal of Mathematical Psychology
  Vol.81, pp.28 - 39
出版者 日本語  
英語 Elsevier
出版年月 2017年 12月
研究範囲 基礎的研究
査読の有無 厳格な査読
招待の有無 通常論文
記述言語 英語
掲載区分 海外
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
ISSN 0022-2496
ID:DOI 10.1016/j.jmp.2017.09.001
ID:NAID(CiNiiのID)  
ID:PMID  
Permalink  
URL  
概要 日本語 不忍耐度が時間変化するとき,割引率一定のモデルで結果(e.g., 金額)に対する時間的な選好を表現できないことが知られている.本研究では,“主観的”時間の概念を導入して,割引率が時間の関数になるモデルを構築する.このために,一般化外延構造に主観的時間による右作用を導入し,この構造上の選好表現として提案するべきモデルを導出する.結果の右から主観時間をかけることにより,結果の受け取り促進を意味させる.促進の効果は時間増分の段階的促進による効果と主観時間の総和の促進効果とに分解されることが示される.特に,段階的促進の効果を無視できる場合,提案モデルは指数型割引関数になる.
英語 This paper constructs a weighted additive model reflecting nonconstant impatience. By presupposing that an increment in duration is subjectively assessed, we denote the one-period advanced receipt of outcomes by multiplying the outcomes by the increment on the right. Thus we can regard the effect of advance as the decomposition into two factors, the factor of step-by-step advance by subdivided durations and the factor of advance based on the total duration. The weighted additive model is obtained as a representation of a generalized extensive structure equipped with the right action.
キーワード 日本語 英語
外延構造
右作用
時間選好
不忍耐
定常性 
Extebsive structure
Right action
Time preference
Impatience
Stationarity