研究者情報表示   検索トップ

教育・研究業績
松下 裕(マツシタ ユタカ/MATSUSHITA Yutaka)

業績区分 学術雑誌論文 − 学会誌・専門誌学術論文(フルペーパー)

タイトル 日本語 外延構造の意味と展望
英語 Meaning and Development of Generalizing Extensive Structures
著者 単著
誌名 日本語  
英語 Journal of Psychology & Psychotherapy
  Vol.7
出版者 日本語  
英語 OMICS International
出版年月 2017年 12月 30日
研究範囲 基礎的研究
査読の有無 厳格な査読
招待の有無 通常論文
記述言語 英語
掲載区分 海外
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
ISSN  
ID:DOI 10.4172/2161-0487.1000334
ID:NAID(CiNiiのID)  
ID:PMID  
Permalink  
URL  
概要 日本語 本論文は外延構造の2段階の拡張の意味を時間選好の枠組みで説明する.外延構造は測定対象の単位が時間不変のとき有効な概念となり得るが,時間変化するときはそうとは限らない.然るに,時間選好の問題では,単位の時間変化がしばしば起こる.そこで,まず,外延構造の結合演算が非可換で非結合的になるように拡張される.この拡張は重み付き加法形モデルを生み出すが,このモデルは時間選好において割引率が一定の問題しか説明できない.そこで,時間の右作用を導入して,重みが時間の関数になるように重み付き加法形モデルを拡張する.この結果,割引率が時間変化する問題も扱えることになる.
英語 This paper discusses a two-step generalization of extensive structures. Extensive structures are generalized such that the concatenation operation can be non-associative and non-commutative. This generalization yields a weighted additive function. However, the model can deal only with intertemporal choice problems for which constant impatience holds. Thus, by introducing right multiplication, the weighted additive function is a generalized form of the weight being a function of durations, and hence we can evaluate intertemporal choice problems in which non-constant impatience is involved.
キーワード 日本語 英語
外延構造
右作用
時系列間選好
不忍耐
定常性 
Extensive structure
Right action
Intertemporal choice
Impatience
Stationarity