研究者情報表示   検索トップ

教育・研究業績
山岸 邦彰(ヤマギシ クニアキ/YAMAGISHI Kuniaki)

業績区分 学術雑誌論文 − 学会誌・専門誌学術論文(フルペーパー)

タイトル 日本語 地盤との相互作用を考慮した倉庫建築物の積載物のSlide効果の解析的研究
英語 A Study on Sliding Effect of Loading Objects in Warehouse Building Considering Soil Structure Interaction
著者 共著

 氏名役割
1日本語今田 拓実 
英語IMADA TAKUMI 
2日本語山岸 邦彰 
英語YAMAGISHI KUNIAKI 

 
誌名 日本語 日本地震工学会論文集
英語 Journal of JAEE
  Vol.19, No.4, pp.4_71 - 4_86
出版者 日本語 日本地震工学会
英語 Japan Association for Earthquake Engineering
出版年月 2019年 08月
研究範囲 応用的研究
査読の有無 厳格な査読
招待の有無 通常論文
記述言語 日本語
掲載区分 国内
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
ISSN  
ID:DOI  
ID:NAID(CiNiiのID)  
ID:PMID  
Permalink  
URL  
概要 日本語 本研究では試設計された大規模な3階建ての倉庫建築物を模擬した修正Penzien型モデルによる地震応答解析を実施して,自由地盤の応答と相互作用を考慮した場合のSlide効果について定量的に把握した.さらに,付加等価減衰定数を算出して,Slide効果を減衰定数に換算して評価した.これらの結果,相互作用を考慮しても基礎固定時と同等のSlide効果を期待できること,一般的な倉庫建築物であれば約 6 ~ 9 % 程度の付加等価減衰定数を有していることを確認した.
英語 Seismic response analyses using a modified Penzien model simulating a large-scale 3-story warehouse building that was trial designed were conducted. The sliede effect were clarified quantitatively concidering soil-structure interaction and free ground vibration. Furthermore, the additional equivalent damping ratio that converts the slide effect was calculated. As a result, the slide effect can be expected even if the soil-structure interaction is taken into account, and a general warehouse building has an additive equivalent damping ratio of about 6-9%.
キーワード 日本語 英語
Slide効果
倉庫建築物
修正Penzien型モデル
地震応答解析
付加等価減衰定数 
Sliding Effect
Warehouse
Modified Penzien Model
Sesimi Response Analysis
Additive Equivalent Damping Ratio