研究者情報表示   検索トップ

教育・研究業績
伊東 健治(イトウ ケンジ/ITO Kenji)

業績区分 学術雑誌論文 − 学会誌・専門誌学術論文(フルペーパー)

タイトル 日本語 折返し逆L形アンテナの広帯域化
英語 Broadbanding of a Folded Inverted-L Antenna
著者 共著

 氏名役割
1日本語野口 啓介 
英語NOGUCHI Keisuke 
2日本語牧野 滋 
英語MAKINO Shigeru 
3日本語廣田 哲夫 
英語HIROTA Tetsuo 
4日本語伊東 健治 
英語ITO Kenji 

 
誌名 日本語 電子情報通信学会論文誌(B)
英語  
  Vol.J98-B, No.6, pp.509 - 516
出版者 日本語 電子情報通信学会
英語  
出版年月 2015年 06月 01日
研究範囲 基礎的研究
査読の有無 厳格な査読
招待の有無 通常論文
記述言語 日本語
掲載区分 国内
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
ISSN  
ID:DOI  
ID:NAID(CiNiiのID)  
ID:PMID  
Permalink  
URL  
概要 日本語 折返し逆L形アンテナ(FILA)について,その等価回路をもとに周波数の変化率の関数として入力アドミタンスの理論式を求め,広帯域化に必要な二重共振特性が得られる条件によりシステムでの許容VSWRに対する最大比帯域幅を求めている.FILAが従来の逆L形アンテナ(ILA)に比べ,許容VSWRが2の場合に2.4倍の帯域幅を持つことを示すとともに,最大比帯域幅を得るために必要となる折返し構造での伝送線路の特性インピーダンスを求め,許容VSWRとアンテナのQ値との関係を求めた.理論式の検証としてシミュレータを用いた数値解析を行い,試作実験により確認している.
英語 Theoretical maximum bandwidth is derived using an equivalent circuit of a folded inverted-L antenna (FILA). Based on the equivalent circuit, input admittance as a function of frequency deviation is derived. Under the conditions of double resonance characteristics, the maximum bandwidth is expressed with relation of the allowable VSWR and quality factor. Additionally, as an essential factor to obtain the maximum bandwidth, the transmission line characteristic impedance in balance mode is obtained. In order to verify theoretical expressions, simulation and measurement are implemented.
キーワード 日本語 英語
折返し構造
逆L形アンテナ
広帯域化
最大比帯域幅
等価回路 
Folded structure
inverted-L antenna
broadbanding
maximum bandwidth
equivalent circuit