研究者情報表示   検索トップ

教育・研究業績
鈴木 保任(スズキ ヤスタダ/SUZUKI Yasutada)

業績区分 学術雑誌論文 − 学会誌・専門誌学術論文(フルペーパー)

タイトル 日本語 紫外線発光ダイオードを光源とする可搬型蛍光光度計の開発及びそのCOD推定への応用
英語 Development of ultra-violet light-emitting diode based portable fluorometer and its application to estimation of COD
著者 共著

 氏名役割
1日本語鈴木 保任 
英語SUZUKI YASUTADA 
2日本語菊田 吉宏 
英語Yoshihiro Kikuta 
3日本語山田 和広 
英語Kazuhiro Yamada 
4日本語北出 和久 
英語Kazuhisa Kitade 
5日本語丸田 俊久 
英語Toshihisa Maruta 
6日本語市田 淳一 
英語Junichi Ichida 
7日本語川久保 進 
英語Susumu Kawakubo 

 
誌名 日本語 分析化学
英語 Bunseki Kagaku
  Vol.63, No.11, pp.895 - 901
出版者 日本語 日本分析化学会
英語  
出版年月 2014年 11月
研究範囲 開発的研究
査読の有無 厳格な査読
招待の有無 通常論文
記述言語 日本語
掲載区分 国内
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
ISSN 0525-1931
ID:DOI 10.2116/bunsekikagaku.63.895
ID:NAID(CiNiiのID)  
ID:PMID  
Permalink  
URL  
概要 日本語 紫外線発光ダイオードを光源に用いる可搬型の蛍光光度計を開発し、河川水、海水、工場排水などの蛍光強度と化学的酸素消費量 (COD) との相関を調べ、簡易にCOD値を推定できないか検討した。
英語 To study correlation between fluorescence intensity and chemical oxygen demand (COD), a portable fluorometer using an ultraviolet light-emitting diode as a light source, has been developed. It was applied to the estimation of COD value of river water, seawater, and industrial wastewater samples.
キーワード 日本語 英語
紫外線発光ダイオード
蛍光光度計
化学的酸素消費量 
ultra-violet light-emitting diode
fluorometer
chemical oxygen demand