研究者情報表示   検索トップ

教育・研究業績
鈴木 保任(スズキ ヤスタダ/SUZUKI Yasutada)

業績区分 学術雑誌論文 − 学会誌・専門誌学術論文(フルペーパー)

タイトル 日本語 o-フェニレンジアミン−過酸化水素反応を利用する淡水中の極微量クロム(VI)の接触定量と現場分析
英語 On-site catalytic determination of trace chromium(VI) in fresh water using o-phenylenediamine-hydrogen peroxide reaction
著者 共著

 氏名役割
1日本語新藤 純平 
英語Junpei Shindo 
2日本語川久保 進 
英語Susumu Kawakubo 
3日本語山野井 崇 
英語Takashi Yamanoi 
4日本語鈴木 保任 
英語SUZUKI YASUTADA 

 
誌名 日本語 分析化学
英語 Bunseki Kagaku
  Vol.61, No.2, pp.103 - 108
出版者 日本語 日本分析化学会
英語  
出版年月 2012年 02月
研究範囲 応用的研究
査読の有無 厳格な査読
招待の有無 通常論文
記述言語 日本語
掲載区分 国内
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
ISSN 0525-1931
ID:DOI 10.2116/bunsekikagaku.61.103
ID:NAID(CiNiiのID)  
ID:PMID  
Permalink  
URL  
概要 日本語 過酸化水素によりオルトフェニレンジアミンの酸化反応を利用するクロム(VI)の高感度分析法を開発し、淡水試料の現場分析に応用した。
英語 Sensitve chromate determination method using oxidation reaction of o-phenylenediamine by hydrogen peroxide has been developed and it was applied to analysis of fresh water.
キーワード 日本語 英語
クロム(VI)
接触定量法
現場分析 
chromium(VI)
catalytic determination method
on-site analysis